メニュー

矯正装置 - 西川クリニック歯科室

  • カウンセリング無料 訪問診療受付中 TEL:03-5682-7350
  • TEL:090-4056-4118

矯正装置

豊富な矯正装置で最適なご提案を

豊富な矯正装置

患者さんの歯やあごの状態とご要望を考慮した上で、もっとも最適な装置をご提案しています。
マルチブラケット」から、目立たないマウスピース矯正装置、さらには部分矯正まで、様々な矯正装置をご用意しています。

「マウスピース型」矯正装置

「マウスピース型」矯正装置

一人ひとりの患者さんごとに作られるカスタムオーダーのマウスピース型矯正装置です。透明なプラスチック製ですのでほとんど目立たず、取り外しが可能です。全世界の520万人以上(2018年1月現在)がこの装置を使って治療を行い、多くのかたが装着感に満足しています。

  • 目立たない
  • 違和感が少ない
  • 擦れない
  • 複雑な調整がない
  • 短時間で装着
  • 取外し可能

マルチブラケット装置

マルチブラケット装置

矯正の基本ともいえる装置でブラケットという金具とワイヤーを使った矯正方法で、歯の表面に接着したブラケットの間にワイヤーを通して固定します。ワイヤーは弾力性があり、この力を利用して歯を引っ張りながら歯並びを整えていきます。

 

使用する装置には金属製のメタルブラケットが最も多く使われていましたが、最近では目立ちにくく金属アレルギーの少ないセラミックブラケットを利用するかたが増えてきました。ワイヤーも金属製が多く使われていますが、最近では目立ちにくい白いタイプも出ています。

部分矯正

部分矯正

八重歯のように、ある一部分の歯並びが気になるとき、部分矯正で整えます。前歯が少し重なっている、あるいは少し隙間がある歯に適応し、2~6本の歯に矯正装置を装着して治療します。矯正装置には全顎矯正と同様、マルチブラケットを使用し、歯を動かす本数が少ない分、治療期間が短く、コストも安く抑えられます。

ムーシールド

ムーシールド

下の歯が上の歯より前に出ている状態、「受け口」や「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼ばれるものです。
永久歯が生えてくるまで様子を見る場合もあり、自然に治るケースもあるのですが、もし改善されない場合、放置してしまうと治療法の選択肢が少なくなるうえ、治療も難しくなります。

幼児期からの反対咬合改善に、子供専用のマウスピース「ムーシールド」を使った治療法があります。
ムーシールドは夜寝ている間に装着するだけで、小さなお子さんに与える影響は非常に軽い治療法です。

リテーナー

リテーナー

矯正装置を取外し、歯並びや噛み合わせがキレイに整っても、何もせずにそのままにしておけば、また元の状態に戻ってしまいます(後戻り)。後戻りを防ぐためにリテーナーとよばれる保定装置を装着し、歯を固定させます。

 

取外しができますので、ライフスタイルに合せて装着していただいてます。

診療時間のご案内

カウンセリング・ご相談・お問い合わせはこちら

tel:03-5682-7350

  • カウンセリングご予約フォーム
  • アクセス

Copyright©医療法人社団恭美会 西川クリニック歯科室All Rights Reserved. login